東京魚市場卸協同組合 WHOLESALES CO-OPERATIVE OF TOKYO FISH MARKET
トップ > 組合概要

ABOUT 組合について

東京魚市場卸協同組合は昭和27年8月、仲買人の社会的、経済的地位の確立及び向上のため中小企業等協同組合法に基づく事業協同組合として、前身である東京築地魚市場仲買協同組合を単一組織化して設立されました。

大正12年9月に発生した関東大震災による日本橋魚市場の焼失後、芝浦での仮設市場を経て築地市場で業務を開始。昭和10年2月には築地本場魚類部仲買人で組織された東京魚市場仲買組合が設立されましたが、戦時統制経済の強化に伴い、仲買人制度は撤廃、昭和16年10月に組合は解散となりました。

その後、昭和25年6月に水産物の統制撤廃を受けて仲買人制度が復活すると、昭和46年の市場法改正時に名称を仲買人から“仲卸業者”に変更、社会的地位の確立と共に法的にも必置制となりました。

以来、水産物の生産及び消費動向、流通構造も大きく変化した中で卸売市場流通の中核として消費者に生鮮食料品等を適正価格で安定的に供給し、社会的・公共的使命を果たして参りました。

平成30年10月11日開場の東京都中央卸売市場豊洲市場は、築地市場が中核的な拠点市場として担ってきた機能を引継ぎ、首都圏の基幹市場として、産地や実需者のニーズに的確に応えるため、品質・衛生管理の高度化や物流の効率化等を通じて、豊富で新鮮な生鮮食料品を安定的に供給すると共に全国の産地等から評価され、水産物が集まる日本の中核市場を目指しています。

我々仲卸業者は、今日まで培ってきた技術を継承すると共に、「目利き」と言われる評価機能・分荷機能を最大限に活かし、より一層邁進して参ります。

OUTLINE組合概要

所在地 〒135-0061 東京都江東区豊洲6-5-1
東京都中央卸売市場豊洲市場内
6街区水産仲卸売場棟3階 中1~3
経路
設立 昭和27年8月14日
出資金 4億7190万円(2017年9月30日現在)
組合員数 491事業所(2018年11月11日現在)
組合の事業 福利厚生事業、経営指導事業、教育文化、情報提供事業、共同配送事業

HISTORY沿革

設立年月日 組合名 組合員数 職員 組織の状況
明治10年1月 日本橋魚市場組合 1,294人 15人 当組合は魚問屋および仲買人をもって組織していた。
昭和10年2月 東京魚市場仲買組合 1,294人 15人 昭和10年2月東京市中央卸市場開設後魚類部仲買人をもって組織した。昭和16年10月水産物配給統制により仲買業務が廃止になり組合解散となる。
昭和25年8月 東京魚市場仲買連合会 648人 5人 昭和25年4月水産部の統制撤廃に伴ない仲買制度の復活となり連合会を設立。
昭和26年3月 東京魚市場仲買組合 1,539人 5人 上記連合会を発展的に解消して単一組織化した。昭和27年4月事務所買収(木造2階建148坪)
昭和27年8月 東京築地魚市場仲買協同組合 1,301人 6人 上記組合が改組し、中小企業等協同組合法に基づく事業協同組合を設立。
昭和27年8月 東京魚市場卸協同組合 681人 39人 上記組合を昭和46年1月より名称の変更をした。
設立年月日 組合名 組合員数 職員
組織の状況
明治10年1月 日本橋魚市場組合 1,294人 15人
当組合は魚問屋および仲買人をもって組織していた。
昭和10年2月 東京魚市場仲買組合 1,294人 15人
昭和10年2月東京市中央卸市場開設後魚類部仲買人をもって組織した。昭和16年10月水産物配給統制により仲買業務が廃止になり組合解散となる。
昭和25年8月 東京魚市場仲買連合会 648人 5人
昭和25年4月水産部の統制撤廃に伴ない仲買制度の復活となり連合会を設立。
昭和26年3月 東京魚市場仲買組合 1,539人 5人
上記連合会を発展的に解消して単一組織化した。昭和27年4月事務所買収(木造2階建148坪)
昭和27年8月 東京築地魚市場仲買協同組合 1,301人 6人
上記組合が改組し、中小企業等協同組合法に基づく事業協同組合を設立。
昭和27年8月 東京魚市場卸協同組合 681人 39人
上記組合を昭和46年1月より名称の変更をした。

ORGANIZATION組織図

© Tokyo fish market wholesale cooperative , All rights reserved.